まずはメーカー修理!

なぜメーカー修理が良いのか

iphoneの調子が悪くなったら修理に出すことになりますが、まずはメーカー修理を選択するべきです。修理可能であれば修理作業に入りますし、もし厳しいのであれば買い替えの案内もしてくれます。時には修理するより買い替えた方が良い場合もあるので、修理以外の可能性を否定してはいけません。ユーザーがiphoneを落下させて故障したのであれば完全に責任はユーザーにありますが、不具合などメーカー側が悪いケースもあり、その場合は基本的に無償修理となります。もし無償修理案件なのにも関わらず外部の修理業者に依頼してしまうと、金銭的に損をします。修理後に再び不具合が発生することもあるので、安心できるメーカー修理が良いです。

注意事項を確認してから外部に依頼もOK

iphoneを修理できるのは何もメーカーだけでなく、個人経営の修理店など多くの場所で可能です。それぞれ修理の技術を競ったり、価格の安さをアピールするなどしていますがやはり一番大切なのは的確に修理できるか否かです。外部の業者を利用する上で難しいのは、どれぐらいの技術を持っているか簡単に見分けがつかないことです。修理する部分によっても得手不得手がありますし、極論を言えば素人同然の技術という場合もあります。修理のレベルが低いと故障を繰り返すことになり、次々と出費をすれば金銭的な負担が大きくなります。
外部で一回修理するとメーカーの保証も切れてしまうので、外部に修理を依頼する前は色々な注意点を確認しなければいけません。

iphoneが起動しない時に試すことは、充電、強制再起動、リカバリです。全て試してもダメであれば修理が必要かもしれません。